相続税の参考動画
 
不動産取得税について参考動画
不動産の売却した時の参考動画
 
 
      関市のハザードマップ     

 

資金について

ライフスタイルは、月日とともに変化していくもの。
家族の構成も、どのような生活をしていくかも、今現在の、毎月の支払額のみで考えるのは危険でしょう。
大切なのは、目先にとらわれずもっと長い将来的な視点で考え、さまざまな想定リスクに対してヘッジができるかどうか。
「資金」とは、長くかかわっていくものなのですから。
では、その「資金」についての考え方、簡単にご説明していきましょう。
 
家賃を払うの損?
購入するか、賃貸に住むか、よくされる話で「購入資金」と「家賃」の比較です。
「いくらお金を支払っても自分のものにならない賃貸住まいは、家賃をドブに捨てるようなもの」なんて意見も聞きますが、本当のところどうなのでしょう?
結論から言うと、その理由だけで購入を決めるのは間違いです。
多くの方が住宅ローンを組んで購入を検討することでしょう。 長い年月を想定して(想定しても想定外の状況も往々にして起こりますが)両者を比較して見る必要があります。
・頭金は、どのくらい?
・ローンを支払う期間は、どのくらい?
・いくらの金利のローンを組むの?
とても頭を悩ませるところですね。
ローンを組めば、物件金額を全額先に支払うことなく、住むことができるメリットを享受できます、また、預金を今後の生活費のために蓄えることもできますね。
しかし、そのためには、「利息」を支払わなければなりません。
これは、その不動産自体とはまったく関係のないお金です。
購入するための手段である「お金を借りる」という行為に対して発生したもの。
先に全額を支払って購入するのであれば、支払う必要のないお金なのです。その観点でみると、利息だって「家賃をドブに捨てる」と似たようなものといえるでしょう。
ですから 「家賃と利息のどちらが無駄か?」というポイントだけで考えることに意味はないですね。
また、購入するときには税金、手数料、保険料など、さまざまな諸費用とよばれるお金を支払います。
以下にまとめてみましょう。
「契約・登記関係でかかる費用」  印紙税・登録免許税・登記手数料 など
「住宅ローン関係でかかる費用」  印紙税・登録免許税・登記手数料・融資手数料・団体信用生命保険特約料・火災保険等の保険料・保証料 など

また、ローンの支払いをしながら、別途建物を永く維持していくための費用も必要です。
大切なのは、諸費用の詳細やローンの組み方、そして「損」か「得」か、だけではありません。ご自身がもとめる「永くつきあえる不動産」であるかを見極めることが必要です。大切な「資金」なのですから。
 
リスクヘッジを考えよう
頭金は、どのくらい支払えばよいのでしょう?
すべての人にあてはまる、「購入金額の○割が正解」というものはありません。
頭金を考える前に必要なのは、将来を見据えたリスクヘッジなのです。
「安定した収入」「今の生活で得られる利便性」。しかし これから先、どのくらい同じ状況が続くのでしょうか?
それは、約束されたものではありません。
転職や、転勤、仕事上の変化や、家族構成の変化などによってライフスタイルは変化するもの。
「返済できない」「ライフスタイルにあわせた住み替えが困難」など、賃貸生活にはない「リスク」も背負うのです。
そんな不測の事態に対してのリスクヘッジ、2つご説明しましょう。
 
 
●売る

急に売ろうと思っても、そんなに簡単な話ではないでしょう。
また何年か後、いくらで売れるかの「売却金額の想定」は、プロにとっても困難です。
売れたはいいけど、ローンだけ残ってしまった。
売りには出したけど売れなかった。 このような可能性も、当然ながらあるでしょう。
売却金額の下落幅が大きい今の時代、売るという選択肢でリスクヘッジを考えるのは困難かもしれません。また時代や住む人が変わっても、希望する間取りなどに変えることのできる「可変性」のある物件かどうかなど、購入する建物についての事前の検討も大切になりますね。
●人に貸す
売却金額とくらべると、変動しにくい賃貸相場。ある程度の賃料を想定することができます。
そこで、周辺の賃料相場と毎月のローン支払金額をくらべてみましょう。
収入である想定賃料が毎月のローン支払金額を上回っているなら、いざというときに貸すというリスクヘッジもとれるでしょう。
最初に「いくら支払えるか?」や「頭金はいくらがよい?」と考えるよりも、永い視野でどのような住まい方をするかを検討し、不測の事態に対してシミュレーションをたてておくことが重要なのです。
 
維持する資金も必要です。
不動産を購入するということは、ご自身の資産となるとともに、その資産に対しての責任が生じること。人任せではなく、ご自身で解決しなくてはならないことがたくさんあります。
 
不動産を購入したあとにも、さまざまな費用が発生します。
マンションであれば、管理会社へ日々の業務を委託して支払う管理費。
マンション、戸建を問わず、建物の劣化にともなう修繕費。とくに修繕費は、年々増えていくものです。
新築当時は堅ろうでしっかりした建物も、年月とともにあちらこちらが劣化していくのですから当然な話ですね。
購入して、ローンを支払ってそれで終わり、ではないのです。今払える金額を計画することが、不動産購入でいう「資金計画」ではありません。
 
「不動産を買う」ということそのものが目的ではないでしょう。
その不動産で「気持ちよく生活をしたい」ということが、もとの目的にあるはずです。それは決して一時的なものではなく、永く続くもの。
購入するまでを計画するのではなく、「将来を見据えて安心できる計画」が重要になります。


マイホーム計画は何からスタートするの?

マイホーム計画を考え出したときは、まず理屈抜きに「 ‘マイホームが欲しい~’」と言う単純な気持ちから、皆さんスタートすることでしょう。
そこで最初に、みなさんが一番気になることは、 「資金」 に関することだと思います。
よく自己資金をためなければ買えないとか、自己資金を貯めたから買えるとか、目先のお金からスタートする事がありすよね。
じつは、スタートのポイントは、ローン返済額からすべてスタートするのが理想なのです。
もちろん、考え方は、たくさんありますので、参考にして頂くレベルで結構ですよ。
月々返済がいくらできるのか? から考えて下さい。
たとえば、自己資金300万円で土地と建物と諸経費で3000万円とします。 するとローンは、2700万円という事になります。
2700万円のローンですと、月々約76,000円となります。 勿論、金利によって返済金額は、上下します。この、約76,000円の毎月の返済が可能と判断した場合は、総額3,000万円を目安に進めていく形になります。
もっと多く返済できれば、もっと総金額が多きなプランも可能になりますし、毎月の返済が苦しそうなら、総金額が少ないプランを検討しなければなりません。
ここでもう一つ、踏み込んで考えて見てください。 
一戸建として購入した場合は「固定資産税」が毎年必要になりますし、マンションの場合は共益費などが必要になるかも知れません。 
また、一般的に「水道光熱費」や「電気料金」は、アパート暮らしより多くなる事を想定しましょう。 
それらを考慮して、毎月可能な返済額を想定し、その上で可能な総金額を算出し、要望や希望、夢とプランをすり合わせていくことが最も実現に則したマイホーム取得計画の有効な進め方です。


 

 土地の探し方(物件の探し方)

今は、どんどん、時代が変わってきています。
以前は、ひたすら、色んな不動産業者を回って探していたのが一般的だったとおもいます。
情報現は、新聞や、チラシだった事でしょう。
しかし、現在は、まさに、ネット(コンピュータ)の時代なのです。ネットで物件探しから始まり、電話かネットで問合せをします。
すると、条件等、色々質問されるとは思いますが、条件が伝わります。
あとは条件に当てはまった物件を不動産業者から教えてくれます。
また、不動産業者の顧客データに登録される事で、今後、不動産業者が新規で出てきた物件も、連絡が入る形になるわけです。
ひと昔とくらべて、物件探しが楽になっている時代なんですよ。